2016年5月のハーブご紹介 | 香草工房

2016/05/12 05:54

ジャーマンカモミール

(学名:Matricaria recutita

キク科シカギク属



キク科の一年草で、北日本の海岸に自生する鹿菊(シカギク)の仲間です。

花にリンゴの蜜のような香りがあり、ハーブとして利用します。

カモミールの名も「背の低いリンゴ」を意味するギリシャ語「カマイメーロン」

から来ています。

原産地はロシアと推定されていますが、古代エジプトでは既に知られており、

クレオパトラもカモミールのハーブバスを愛用していたと言われています。

また、絵本「ピーターラビット」にも、食べ過ぎでお腹をこわしたピーターに、

お母さんジャーマンカモミールのお茶を飲ませるシーンが出てきます。


腹痛や下痢を抑え、精神をリラックスさせ、消化を促進し、また風邪や

インフルエンザ、アレルギーの症状を緩和し、PMSなど女性特有の症状を

調整するなど多くの効果があるとされ、ハーブの代表格ともされます。

さらにハーブティーを入浴剤や化粧水、石鹸の材料等として外用で用いると、

消炎、鎮痛、保湿の効果が期待できます。


またジャーマンカモミールは、ミルクティーにするのもオススメです。

お休み前の一杯として、最適です。


ジャーマンカモミールを育てる場合、秋に種をまいて育てます。

日当たりがよく、やや湿った土壌を好みます。

4〜5月に花を付け、梅雨の頃には枯れてしまいますが、土さえ合えば、

こぼれ種でどんどん増えるようになります。